症状・後遺症

交通事故の症状とは

むち打ち症

むち打ち症イメージ むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などといいます。

車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、 首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。その怪我の度合いも、 非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。

むち打ち症の症状

むち打ち症は首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛みなどが現れます。

むち打ち症の原因

車の追突などの交通事故により生じることが多いのですが、体操やスノーボードなどのスポーツによって起きることもあります。

むち打ち症の症状と分類

頚椎捻挫型

神経根症状型

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。 頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

バレ・リュウ症候群型

脳脊髄液減少型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労…などが起こる症状です。
※後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。
脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏出して減少することで、頭痛、めまい、耳鳴り、倦怠などが起こる症状です。
この症状にかかった場合は整骨院での治療は不可能なので病院に行かなければなりません。
交通事故の治療についてもっと詳しく 交通事故治療の流れをご紹介
お気軽にお問い合わせ下さい。Tel:092-566-1660